防犯のビルトインガレージ~マイカーをトラブルからガード~

メリットの大きい

延床面積や階数の増加次第

car parking garage

ビルトインガレージを設置するためには一戸建てを建築する際に、予め間取りの中にビルトインガレージを組み込む必要があります。 一戸建てを建築する一環ですから、ビルトインガレージそのものの価格が存在するというよりは、ビルトインガレージを組み込むことによって、一戸建ての建築コストがどれくらい上がるかを相場として見越しておく必要があります。 例えば、ガレージは別で2階建ての一戸建てを建築する前提を1階にビルトインガレージを設けつつも2階建ての前提は変わらないという場合であれば、ビルトインガレージ分の含めた延床面積がガレージが別だった場合と変わらなければ建築コストは変わりませんし、増えた場合は単純にその増えた延床面積分だけ増えることになります。 ビルトインガレージを加えることで、当初2階建て想定だった一戸建てが3階建てになる場合、延床面積の増加分だけでなく、坪単価も10万円程度は上昇すると考えておく必要があります。半地下など、土地を掘って作成する場合は坪単価がさらに上がる可能性があります。

車を安全で綺麗に保てる

ビルトインガレージの最大のメリットは、車を綺麗に、そして安全に保てるという事です。日頃の走行量で変わってくる部分はありますが、そうはいっても自宅での駐車時に室内に車を駐車できることで埃や汚れの着き具合が大きく軽減でき、洗車の頻度は大幅に削減できます。 また、車の安全を保てるという意味でも効果が大きいです。盗難やいたずらに遭う可能性が大幅に改善できます。 そしてこの他にも雨の日でもビルトインガレージから一時的に車を出せば、そのスペースを子供の遊び場や日曜大工などの晴れた日であれば庭などの屋外で行う作業を実施するためのスペースとして活用することもできますし、こうした日曜大工の道具など、用心と保全のために屋内に保管しておきたいものの家の中には置きたくないといったものの保管場所としても活用できます。 条件が合致すれば、ビルトインガレージ部分の延床面積の5分の1までを容積率から引けるといった緩和措置が受けられることもあるので、これらのメリットを鑑みながら接地の有無を検討することが大切です。